ホーム > 日常

平手打ち

その瞬間、俺たちの何かが弾けた。 呆然とする俺をよそに、ブルーとブラック、イエローが鬼の形相で前に出る。 立ち向かう戦闘員をあり得ない力でなぎ倒し、行く手を阻む怪人をすり抜け、その先にいる元ピンクに向かう。 俺は慌てて後を追おうとするが、3人にスル―された怪人が行く手を阻む! 俺が怪人の足止めを食っ…

1