ホーム > 日焼け > 夏の日焼けは肌の大敵!効果的な美白とは?

夏の日焼けは肌の大敵!効果的な美白とは?

最近はたくさんの美白化粧品が販売されています。成分も様々で、知識が無いと迷ってしまいどれが良いのか分からない人も多いと聞きます。そもそも、美白化粧品とはどんな物なのでしょうか?

 

美白成分とは:ビタミン誘導体(ビタミンC)その名の通り、肌に栄養とうるおいを与える成分ですが、これはとても壊れやすいのです。これがビタミン誘導体となると壊れにくくなり、肌に有効に働く様になります。メラニンを抑制して色素を薄くするように、作用します。

 

アルブチンという成分があります。これは、メラニンのできる工程を抑える作用があります。つまり、シミができないようにする訳です。

 

コウジ酸とはチロシナーゼ(酸化酵素)が活性化するのを抑える成分と言われています。そして、肌を白くする働きがあります。

 

プラセンタとは、動物の胎盤から抽出したエキスの事です。アミノ酸やビタミン・ミネラル・酵素他、たくさんの栄養が詰まっています。また、抗酸化や新陳代謝の促進などの効果があると言われています。

 

コラーゲンとは、タンパク質の1つで肌のハリや弾力を保つ効果や、関節の動きをスムーズにする効果があります。お肌の水分保持や保湿力を高める成分と言えます。年齢とともに肌や関節の機能は落ちてくるため、コラーゲンを補給する事が大切です。

 

アスタキサンチンとは、カロテノイドの一種で、赤い色をした脂溶性の物質です。エビやカニなどの魚介類に含まれるもので、活性酸素除去の効果があると言われています。その効果は、ビタミンCをはるかに超えると言われています。また、抗炎症作用もあると言われています。

 

さらに美白に特化した成分としてはハイドロキノンが有名ですね。ハイドロキノンはシミの素になるメラノサイトの働きを抑制する効果のある成分で、シミの予防だけではなく、出来てしまったシミに対しても高い効果を発揮します。ハイドロキノンについては下記サイトで解説されてます。
http://www.cafe-ease.jp/hydroeffect.html

このような成分は、美白に効果的だと言われています。しかし、美白成分は肌に浸透しやすい仕組みになっています。必ずパッチテスト等をして肌への刺激がないかどうかを確かめてから、使用する事をお勧めします。