ホーム > 現金化 > 業者に依頼する場合のクレジットカード現金化のメリットなどについて

業者に依頼する場合のクレジットカード現金化のメリットなどについて

クレジットカード現金化はショッピング枠で購入した商品を使って現金を得る行為のことで、自分で商品を売買することと業者に依頼することの主に2つの方法が挙げられます。
自分で商品を売買する場合は購入した商品を買取店などで売却することになりますが、買取店を選び間違えると買取価格が二束三文になります。
また、ショッピング枠を使った換金率の高い商品のまとめ買いなど、個人で不自然にショッピング枠を利用するとカード利用停止になる可能性が高いです。
したがって、確実にクレジットカード現金化を行うためには、業者に依頼するという方法を選択した方が良いです。
業者の場合はインターネットで申し込むことが一般的で、24時間受け付けが可能なことが多いです。
最初に公表されていた換金率を下げないで、申し込み開始から20分程度で現金を振り込む業者も存在します。
他には、職場や家族などに発覚しにくいというメリットがあります。
通常のキャッシングの場合は、在籍確認のために業者から勤め先に連絡が入ります。
また、業者に所得証明書を提出する必要があります。
一方、クレジットカード現金化の場合は本人確認は必要ですが、所得証明書の提出が不要で勤め先に業者から連絡が入ることはありません。
また、カード利用明細書に業者名が記載されないので他の人に見つかりにくいです。
そして業者はたくさん存在するので、サービスなど様々な要素を含めて複数の業者を比較することが大切です。
また、業者に依頼する場合の換金率の相場は80%前後なので、この数字を基準として少しでも換金率の高い業者を見つけられると良いです。

現金化を利用する前に:口コミで人気のビックギフト


タグ :